アニマルコミュニケーション2010.2

ころんが生後6カ月を過ぎたらコミュニケーションが可能と聞いたので申し込みました。
セカンドヴォイスさんの結果には必ず下記の注意が書いてあります。
ころんの体と心の成長を考えた時にまだ早いかな?と思いましたが
体調が気になったので質問を簡単にしてお願いしました。

ころんちゃんとのコミュニケーション結果
ころんちゃん とのコミュニケーション結果をご報告する前に・・・・・。

アニマルコミュニケーションは、保護者の方とペットが相互理解を深め、
より良い関係を築くことを目的としています。
今回のコミュニケーションをきっかけに、今まで以上に良好な関係が築ける事を祈っています。

動物も人間と同様に「よくしゃべる子」「無口な子」「気を使い、言いたいことを言わない子」など、
多種多様な個性を持っています。その為、保護者の方が期待した答えが返ってこない場合もあります。

自尊心の強い子は、怖い体験をしたにも関わらず、「怖くなかった」と答える場合があります。
また、気が弱い性格なのに「僕は喧嘩が強い」とアピールする場合もあります。

アニマルコミュニケーションは、
ペットの体調不良を発見する手助けにはなりますが、病気などの治療は出来ません。
また、「体調に敏感で大袈裟な子」もいれば、「体調の変化を気にしない子」もいます。
病気・けがについては、病院での受診を第一にお考え下さい。

問題行動のメカニズムについてはとても複雑で、
「コミュニケーションを行ったから解決する」というものではありません。
問題行動が定着して“癖”になってしまっている事もあります。これを解決するのには、
条件付けのトレーニング等が必要になるでしょう。
しかし、初期段階で、保護者の方の努力、ペットに対する理解があれば、
アニマルコミュニケーションにより好転する可能性は十分考えられます。

また、過去のトラウマなどにより心を閉ざしているケースも、
ペットに対する理解とケアが必要になります。
ここで注意して頂きたい事は「変化はゆっくりと起こる」ということです。
ペットも人間と同様に「心の傷を癒やすのには時間がかかる」ということをご理解下さい。

天使になった子については、死後の経年により、アクセスしにくくなる傾向があります。
また、生後1年以内の子は、保護者や環境に対する思いが十分に確立されていない為、
回答の範囲が限定してしまうことがあります。

ご不明な点等ありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

自分の名前すら理解していないようなころんだけれど
たくさんお話を聞かせてくれました。

以下ころんとのコミュニケーション結果の全文です
ころんちゃんへの質問 @、A に沿った内容となっています。
@ 体調はどう?
A 家族について。
◇ 好きな事は?  最後に言いたい事は?


Q: ころんちゃん、初めまして。 気分はどう?
楽しいよ〜!
斜めに構え、毛羽立って勇ましく登場!!
まずコレには笑ったし驚きました。
結果を送ってくれた時のメールに↓↓↓と書いてあったのです。
ころんちゃんはの登場シーンは笑っちゃいました〜。
斜めに構え、尻尾を太くして、ヒョイヒョイって感じでした。
可愛かったですよ〜〜。

結果を読む前の事なので何のことかと思ったのですが
コミュニケーションでもこんな風にイメージとして登場するんですねぇ

マロンとお家の中でおもちゃを投げて遊ぶ時に
ころんは冷蔵庫と水入れの隙間に挟まって待機します。
(丸見えなんだけれど本人は隠れているつもり)
投げたおもちゃを追いかけてマロンが走って行って咥えて戻ってくるときに
ころんはいつも上のようなポーズで遊びに参加してきます。
初めのうちは戸惑っていたマロンも今はすっかり慣れっこで無視するんだけれど
ころんは一緒に遊んでいるつもりなんだろうなぁと思います。
その時の気持ちのまんまお話してくれたのだと思ったら嬉しくて楽しくなりました。

こんな日常の風景まで伝わってしまうんだなぁって
毎回セカンドヴォイスさんには驚かされます。


Q:体調はどう?
元気だよ〜任せといて!
でも、ちょっと呼吸が浅い感じ。
少しだけ、後脚に力が入りにくい感じかな


Q:身体全体はどう?
元気よ!


Q:痛みを感じる場所はある?
無いよ。


Q:後脚に力が入りにくい原因は分かる?
分かんないな〜。
生まれたばかりの時のフラフラした原因は分からないけれど
普段の生活では健康な子猫以上に元気いっぱいだから
本人の自覚もなさそうなので安心しました。


Q:食欲はどう?
ある〜〜。すぐ、お腹が空いちゃうの。


Q:ご飯を食べる前はどんな気分?
秘かに期待する気分。


Q:ご飯を食べている時はどんな気分?
真剣。

Q:ご飯を食べ終わった後は、どんな気分?
「満足」って感じ。
ご飯を食べる前の気持ちは良く分からないんだけど
食べてる時は真剣そうに見えるし
食べ終わるといつも爆睡しちゃうから満足しているんだね。


Q:いつものご飯は気に入っている?
気に入っているよ。でも、みんなのご飯も気になるんだ。
みんなのご飯を「おもちゃみたい」と感じているようです。
これはマロカレの朝ごはんの事だと思いました。
ふたりともドライフードをゲットアトリートに入れて食べさせています。
知育トイでボールを転がすとフードが出てくるもので
耐久性があって洗えて難易度も変えられるので愛用しています。
これを見て「おもちゃみたい」だと思ったんですね。


Q:食べたい物はある?
パパが食べている物。
ここも え〜 って思いました。
パパは平日の帰宅が深夜になることが多いので夕飯は別々に食べます。
私が食事をするときは全く興味を示さないのに
パパの夕飯のときはテーブルをチェックするんだよね。
大きくなったのでテーブルに乗るのはイケナイ事というのは理解したけれど
好奇心には勝てないようで本人なりに考えていて
テーブルの端や膝の上からそっと覗いたり登ったりするの。
ちょっと目を離すと味見しそうになって何度叱られたことか…
食べているものは同じなのにパパの分だけ美味しそうに見えるのかなぁ。


Q:好きな事は?
みかんと遊ぶ事・・・・真剣な気持で遊ぶんだよ。
マロンやカレンに見られる事・・・・甘えたい気持になるの。
お家の中にいられる事・・・・「アタシのお家よ」って自慢したい。
パパやおかあさんが、アタシの事を優しい顔で見てくれる事・・・甘えたくなる。
家族皆で暮らしている事・・・・・「アタシの家族よ!」って自慢したくなる。
み〜んなとの追いかけっこかな・・・鬼役が楽しいんだ。
おかあさんの手で、遊んでもらう事・・・ちっちゃな猫と遊んでいるみたいなの。
小さなころんの好きなことが
た〜くさんあって嬉しくなりました
鬼役の鬼ごっこなんか毎日のように遊んでいるし
人の手のぬくもりを感じてほしくて
おもちゃより手で遊ぶようにしてきたのだけれど
それが楽しいって感じてくれて、おかーさんも嬉しい。



Q:嫌いな事は?
嫌いな事だってあるけど、幸せの方が大きいのよ。


Q:例えば、どんな事が嫌い?
テンちゃんに睨まれる事・・・・恐い・・・。
マロンが相手をしてくれない時・・・イジケル。
み〜んなが眠くて、遊んでくれない時・・・・・ヒ・マ・なの・・・。
お部屋でのお留守番・・・「寝るっきゃない」って思うんだ。
怖いもの知らずなころんもテンちゃんだけは別格だよね。
最近は叱られても絡んでいくことも増えたけれど
他の子たちとは明らかに違う態度なの。


マロンが遊んでくれない時は寝ているマロンのシッポをチョンチョン
あれはイジケテいるのかぁ
みんなが寝ている時は一人遊びをするもんね
今だってペットボトルのキャップと
老人ホームからクリスマスプレゼントされた知育トイで大盛り上がり中!!!


お部屋のお留守番って子供部屋の事でしょ
イタズラしなければみんなと一緒に待ってもらうんだけど
自由にしてお留守番してもらうと帰宅した時にすごいことになってるんだもん



Q:以前、お母さん猫達と、駐車場にいた時の事を覚えている?
うん。(悲しみの感情)
生まれた日か生まれた翌日の事まで記憶に残っているんだね
悲しい出来事は忘れていいんだよ



Q:以前、お母さん猫達と、駐車場にいた時、どんなふうに思った?
悲しい気持ちだった。
初めはよく分からなかったけど、猫のおかあさんは困っていたし、悲しんでいたの。
だから「悲しい事なんだ」って分かったの。


Q:君達をそこに置いた人をどう思う?
アタシは怒っている。(今は自慢の家族と一緒なので、ご安心を・・・)
ころんの猫のおかあさんは
とっても痩せていたけれどお家の中で育った猫ちゃんだったと思う
外猫特有の病気も検便の結果も異状はなくて母子ともどもスクスクと育ったもの
動物病院なら何とかしてくれるだろうと思ったのかもしれないけれど
この子たちの幸せは人間の気持ちひとつで簡単に変わってしまう
どうしてそんな簡単なことが分からないんだろう…


Q:君達を助けてくれた人達をどう思う?
感謝している。
先生もスタッフのみんなもとても大切にしてくれて ころんの成長を喜んでくれる。
病院で育てることもスタッフのお家で育てることも考えたけれど
もっと伸び伸びと自由に日のあたる場所で猫らしい生活が出来る所はないかなって
もらい手を慎重に探したんだって聞いたから。


Q:駐車場にいた当時の体調を教えてくれる?
身体全体に力が入らない感じだった。
首の後ろが少し痛かった。
胸は今と同じような感じ。
腰に力が入らなかった。
後脚に(今よりも)力が入らなかった。
ともかく、お腹が空いていた。
ころんの最初の名前はローリングガール
まっすぐに歩けなくて首を上下に揺らしているから。
その時のことも覚えていたんだね。


Q:その前は、どんな所で生活していたの?
お家に中で生活していた。ちょっとの間だけど、その時は幸せだった。
あんまり覚えていないんだ。でも、猫のおかあさんが教えてくれたんだ・・・
男の人と女の人と暮らしていたみたいなの。
ころんが覚えている前の場所はきっと生まれて数時間程度だけのはず
猫のお母さんのお話がころんの記憶になって残っているんだね。
住んでいたのはたぶん近所なのだと思うけれど…



Q:ところで、パパをどう思う?
フフッ!好きよ。(甘える感情)


Q:パパはどんな人?
ドジで、とっても優しくて、楽しい人。
お酒を飲んでいるような雰囲気で、機嫌が良いイメージを感じました。
パパは猫可愛がりってコレだねって思うくらい可愛がるの
ころんだけ特別扱いはしていないし
ころんだけ可愛がっているって事もないんだけど
話しかける口調や表情は他の子とは違うから
お酒を飲んでいい気分になっている時と同じような気持ちなのかもしれないなあ


Q:パパは君の事をどう思っているの?
大事にしてくれる。
きっとね、アタシの事“小さな可愛いお姫様”って思ってるんだ〜〜。
テンちゃんの事“大きなお姫様”って感じているみたいだからね・・・


Q:パパに言いたい事はある?
パパの足はいいなぁ〜〜、隠れる高さがいいんだよねぇ〜。
これからもよろしくね〜。


Q:おかあさんをどう思う?
大好き!(甘える感情)
おかあさんを見ると、な〜んか嬉しいんだ〜。


Q:おかあさんはどんな人?
忙しいから、いつも真面目な顔をしている人。でも、あんまり慌てない人かな?


Q:お母さんは君の事をどう思っているの?
た〜くさん愛してくれる。
“可愛い天使ちゃん”て思っているはずなんだ〜。
やっとテンちゃんと暮らし始めたころと同じ月齢になって
あの頃を思い出しながら育てているけれど
ころんはテンちゃんに比べてものすごく手がかかる

でもね

ころんの子猫時代はあっと言う間に過ぎてしまうわ。
だから今のうちに、沢山愛して、しっかり躾けて、家族を信頼させてあげないとね。


テンちゃんがそう話してくれたから、おかーさん安心しているの
ヤキモチを妬くのかと思ったら逆だったでしょう
だからみんなに遠慮しないで思いっきり愛情たっぷり注いでいいんだって思ったから。


Q:おかあさんに言いたい事はある?
イタズラしないから、全部のお部屋に行かせてぇ〜〜。
もっと甘えたいな〜。
テンちゃんも言ってたでしょ
落ちたら危険なところや挟まってしまうような所を覚えなさいって
さすがに浴槽に落ちることは無くなったけど
洗濯槽のなかだったりトイレだったりガステーブルだったり
ころんの危ない場所はたくさんあるんだよ
ちゃんと覚えたら全部のお部屋を自由にしていいよ

テンちゃんからころんまでに順番が回ってくると待ちくたびれるよね
忙しい日はころんの順番になるころにはぐっすり眠ってて
そっと抱き上げて子供部屋のベットに連れていくこともあるから
もっと甘えたいと思うことたくさんあるよね


Q:テンちゃんをどう思う?
大好き! とっても敵わないから、大尊敬!
意外と謙虚だったりするんだね



Q:テンちゃんはどんな猫?
神様みたいに恐い猫。
ピーンとして眼(眼力)がすごいの。アタシは子供だから、

フニャフニャでいいんだも〜ん。

テンちゃんだけは別格って感じたのは眼力なのかぁ

Q:テンちゃんは君の事をどう思っているの?
「ヤレヤレ」って感じ! 大事〜に思ってくれてるよ!
へぇ〜 ころんにも分かってるんだね
テンちゃんは高いところから、ころんのことをジーっとみてる
みんなのことも見ているけれど
特にころんのことはよく見ているもんね


Q:テンちゃんに言いたい事はある?
私はぜ〜んぜんまだまだ・・・それでいいんだよね?
でもホントはね、テンちゃんの抱っこでお昼寝したいかも。テンちゃんに甘えたいな〜。
最近テンちゃんに絡むのは甘えたいからだったのね
たいがいは叱られているけれども
一緒に窓から外を見たりお互いの手を繋ぐようにすることもある
少しずつ距離が短くなってきてるよね


Q:テンちゃんと初めて会った時、どう思った?
「すご〜い!!」って思った。
それでね、あんまり見られたから、恐くて(心と身体が)固まった。
テンちゃんも驚いていたもんね


Q:テンちゃんと初めて会った時、テンちゃんは君の事をどう思っていたの?
すご〜く睨んでた。


Q:マロン君をどう思う?
大好き〜!優しいお兄ちゃんなの。


Q:マロン君はどんなワンちゃん?
穏やかで優しい。たくさんかまってくれるし、尻尾も良い感じ!


Q:マロン君は君の事をどう思っているの?
妹みたいに思ってくれる。


Q:マロン君に言いたい事はある?
怒らないでくれてありがと!痛くしないからね!
甘えさせてね!


Q:マロン君と初めて会った時、どう思った?
「優しそ〜」って思った。


Q:マロン君と初めて会った時、マロン君は君の事をどう思っていたの?
ニコニコしながら見てくれたよ。
マロンは男の子なのに一番面倒見が良くて
一恋のこともみかんのこともころんのことも本当に良くお世話してくれる。
ころんにとっては良きお兄さんだよね。


Q:一恋ちゃんをどう思う?
ちょっとビビル感じ・・・でも、大好き〜!


Q:一恋ちゃんはどんなワンちゃん?
アタシのお母さんみたいな感じがする。
堅物だから、ふざけちゃダメって思ってるのかも・・・お行儀担当みたいかな。


Q:一恋ちゃんは君の事をどう思っているの?
「愛しい子」って思ってくれてるよ。


Q:一恋ちゃんに言いたい事はある?
カッコ良いねぇ〜。女の子はこうでないとね。
テンちゃんだってカッコ良いしね。アタシもそのうちね。
今は、甘えさせてね。


Q:一恋ちゃんに初めて会った時、どう思った?
「甘えたい」って思った。


Q:一恋ちゃんに初めて会った時、一恋ちゃんは君の事をどう思ったの?
「可愛い」って思ってくれたよ。
一恋にあんまり絡まないのは一恋が堅物だから???
そうかと思うと抱きつくようにして
耳のあたりをクンクンしたり体を舐めてあげるよね。
お姉さんではなくてお母さんみたいに思っているからなんだね。


Q:みかん君をどう思う?
好き!好き!だって面白いもん!


Q:みかん君はどんな子?
すっごく明るいの。信頼できるしね。


Q:みかん君は君の事をどう思っているの?
信頼してくれている。


Q:みかん君に言いたい事はある?
まだまだ一杯遊ぼうね。アタシはみかん兄ちゃんのお部屋も好きだよ。
一杯散らかすのが楽しいよね。
でも、挟まらないように気をつけるんだよね?
これからも仲良しでいようね〜!
そうなんだよね
すっかり大きくなってみかんのハウスが狭くなっちゃったね。


Q:みかん君と初めて会った時、どう思った?
「えっ?」って思った。


Q:みかん君と初めて会った時、みかん君は君の事をどう思ったの?
「えっ?・・・」って思っていたよ。


Q:このお家の生活をどう思う?
すっごく楽しいよ。みんなの性格がデコボコで、天国(遊園地)みたいなの。


Q:困っている事は?
別にないかな。だって私は一番チビだもん!
困った時は、いつでも教えてね


Q:不満は?
マロンがボーっとしていてアタシを見てくれないの。もっと明るく爽やかになって欲しいかな。
お家の中のすべてを探検したいの。扉の向こうは何があるのかなぁ〜・・・すっごく気になる。
マロンと相談したらいいね。
探検はもう少し心が大人になって分別がついてからにしようね。


Q:望みは?
大人になったら、テンちゃんみたいな眼(力)になりたい。カッコ良い!!!
おかーさんはテンちゃんほど賢くて可愛い猫はいないと思っていました。
今はお仕事に行っても、ころんと一緒にいても
みんなそれぞれに可愛いって思うんだよ
ころんはころんらしく
それでいいんだよ


Q:初めてこのお家に来た時、どう思った?
いろいろあって、疲れきっていて「ボ〜ッ」としていた。


Q:初めてパパと会った時、どう思った?
「楽しそうな人」って思った。


Q:初めておかあさんに会った時、どう思った?
おかあさんに会った時、「アタシはとても辛い気持なの」って言ったの。
おかあさんの事を「優しそうだな」って思った。
あの日お互いに感じるものがあったんだね。


Q:最後に言いたい事はある?
こ〜んなに毎日楽しいのに、病気になんかなる訳ないでしょ?心配しないでね。
それより、あんまり大きくなると困るの。みかんお兄ちゃんが遊んでくれなくなるのが心配なの・・・。
それから、抱っこの順番は守るからね。
アタシはとても感謝しているんだ。
この幸せは手放したくないって思っているの。だから、宜しくね!
ころんところんの兄弟のライト君が同じ日に病院で体重を測りました。
ころん2.35kg ライト君3.7kg
同じ兄弟なのにこんなに違ってくるんだね
みかんはきっと大きくなっても遊んでくれるよ
心配しなくて大丈夫だよ

家族が多い分だけ手を掛けてあげる時間が少ないけれど
きょうだいみんなが仲良しだからフォローしてくれているね
ころんも大切な家族だからね



まとめ
Q:体調はどう?
ころんちゃん本人は元気印!
ただ、胸の付近と後脚に多少の違和感があるようです。
おそらく、保護された時の体調不良が尾を引いているのでは・・・。
また、ほんの少しだけ精神的なトラウマがあると思います。(そんな風に見えないのですが・・・)
ころんちゃんは今の生活を充分にエンジョイしているので、
それらの小さな不調は、あっという間に何処かへ吹き飛んでしまうでしょう。


Q:家族について
ころんちゃんは家族に対して次のような認識を持っていると思います。
テンちゃん・・・・恐いおばあちゃん。
マロン君・・・・・優しいけどピリッとしないお兄ちゃん。
一恋ちゃん・・・・堅物のお母さん。
みかん君・・・・・信頼できる友達。
もちろん、パパとおかあさんは、“パパとおかあさん”です。

ころんちゃんの母親、姉妹について
スピリチュアル的なお話になってしまいますが、動物達は、自分の母親や姉妹の事を、
たとえ離れた場所にいたとしても、お互いの状態はある程度理解していると思います。
ころんちゃんも、離れ離れになった母親や姉妹の事を、大まかに理解しているようです。
ころんちゃんの母親と姉妹はそれぞれが幸せになっているようですが、
姉妹の内1人は、亡くなってしまったようです。
そして、その亡くなった子の魂は、天使の国で平和に暮らしていますが、
その子の魂の一部がそれぞれの姉妹達の側にいます。
もちろん、ころんちゃんの側にもその子の魂がいて、彼女の事を見守っています。
ころんちゃんは沢山の家族に見守られ、亡くなった姉妹にも見守られています。
彼女は、幼い頃に辛い事を体験しましたが、
今こうして温かい心に包まれて生活を送れる事に感謝しています。
テンちゃん、マロン君、一恋ちゃん、みかん君。この素晴らしい家族に恵まれたころんちゃんは、
世界一の“幸福なネコ”なのかもしれません。

このコミュニケーションが皆様にとって、
更なる幸福へのきっかけになって頂ける事を、心からお祈り致します。

ころんのきょうだいは亡くなっています。
病院で保護してすぐに天国へ旅立ったと先生から聞きました。
その子が見守ってくれていると聞いて心強く思いました。

おかあさん猫は病院で呼んでいた名前のままマミーちゃん
シーズーのワンちゃんと金魚さんと暮らしていて体重も1キロ増えて
とっても幸せに暮らしているのだそうです。

女の子猫ちゃんは、メンマちゃん
一人っ子で大事に育てられて少し人見知りのようですが
ワクチンの後は病院にも連絡がないそうです。

男の子猫のライト君とは時々一緒に遊びます。
体の大きさが違い過ぎるからころんはいつもやられっぱなし
それでも仕掛けるのは、いつもころんからで兄弟だなぁって思います

先生がころんは常に構って欲しいタイプなので
我が家のように兄弟がたくさんいる家庭に向いていると話していました。

さっきまで元気よく遊んだかと思うと
座布団を敷いた椅子の上でスヤスヤと眠る無邪気さが
ころんの魅力なんだよね

たくさんお話をしてくれてありがとう
通訳?をしてくださったセカンドヴォイスさんにも感謝しています。

もっと絆が深まった頃に、またお話を聞かせてね


SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー